8.イスラエルについて 

「Sakka通信 vol.38」 2002・04・01 より

今ね、イスラエル図のネイタルの火星にトランジットの天王星が180°の
位置関係に来ているんですよ。
この意味は個人で言うと「イライラする状況・意見の対立・危険な状況への突入・ケガ・事故・手術」なんだよ。
国家に至っては推して知るべし。まあ、そういう時期に入っている。
国がそんな状態だから、国民の間では当然、ケガ人は増えてくるし、パレスチナの行為に対して同意することができなくなって、ああいう状態(報復合戦)になっている。それが続くんですよ。
このアスペクトは来年(2003年)の秋口まで続く。
私はアラファト議長のことはチェックしていないので、彼のことはわからないけれど、アラファト個人の運気よりもイスラエルの運気の方が強いから、どうしてもパレスチナ全体が動かされる。
だからイスラエルの動きとそれを取り巻くアメリカやイスラム世界の動きがどうも気になる。



日本はどうなる INDEXへ

日本はどうなる

日本の国、そして世界の国々のホロスコープチャートから読み解いた未来予測の数々! 今、わが国日本、そして世界はどこへ向かおうとしているのか? 私たちの生活を左右するこの国と世界の政治・経済・天災等はどうなるのか? 私たちの未来はどうなる?そして今から何をなすべきか!!

リンク